忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2020/05/29 20:23 |
ドミトリ・ホロストフスキー
最近、歌を見ていただいているH先生に「ぜったいjuliettaが好きそうだから聞いてみ!」と教えていただいたホロストフスキー

ほれました 

ポートレイト


特に、私の大好きな「che faro senza Euridice (エウリディーチェなしで)」、
あーー、もう!!
白い上着に鬘、付けほくろもしているかもしれない、小洒落た貴族の男性が浮かんでくる~
無料視聴はこちら
 http://dl.rakuten.co.jp/shop/rt/prod/610454966/

もともとギリシア神話なのですが、グルックの作曲なわけですから、18世紀ロココの衣装を着けた男性が、愛する女性を失って、ひっそりと嘆く様が浮かびます。
普段は宮廷で浮かれた騒ぎをしているけれど、ほとんど奇跡のよに一人になった瞬間に、垣間見せる失った愛への嘆き(!!うわ!!きざっぽい!!でもこういうの大好き)

女好きで、人生を楽しんでいて、だけどノーブル、どんなときでも品を失わない、という歌が歌えるのは、ルッジェーロ・ライモンディさまだけと思っていましたが・・・・

H先生、あなたわかってらっしゃる~
PR

2007/05/31 12:40 | Comments(2) | TrackBack(0) | 好きな歌手
ジョーン・サザーランド
サザーランドのCDを購入しました♪

彼女のジュリエットは今回のCDで初めて聞いたけど、初々しくて、リリカルな
乙女心がとても素敵。

サザーランドは大好きな歌手の一人。初めて聞いたのは中学生のころ、
たしか、リゴレットのLP!だったと記憶している。
グアルティエール・マルデ・・・・という名前が記憶に残るような切ない歌い方で、
いまでもジルダのイメージはサザーランド(の声)の気がする。

お顔を拝見したのはかなり後になってからで、
歌声から想像していた繊細な顔立ちとは違っていて、ちょっとショックを受けたけど(ごめんなさい)、
あらゆるベルカントのスタンダードとなっている気がする。(ちなみに、ドラマのスタンダードはカラス。
ワタクシ、歌は下手なんだけど、聴くほうは子供のころからオペラを聴いていたので、
かなり黄金期の歌手が脳みそにインプットされている)

しかし、とりわけ「鐘の歌」は、私の脳みその中ですでに彼女の歌唱がベンチマークとなっているようで、
サザーランドの歌い方を聞くとほっとする・・・・

問題は、マエストロがサザーランドをあまり好きではないこと。
昔、「誰のCD聞いて勉強した?サザーランド?やっぱりな。だめだよ」とおっしゃっていました・・・。
入れ歯事件(舞台で入れ歯が外れた)以来、入れ歯を気にして大きく口を開けないので不明瞭な発音だ、というのがマエストロからお聞きした話。


2007/04/08 23:56 | Comments(1) | TrackBack(0) | 好きな歌手
ライモンディ様の色気♪

好きな歌手、というからには、私のアイドル、ルッジェーロ・ライモンディ様について語らずばなるまい。

ロージー監督の映画、「ドン・ジョヴァンニ」、もちろん初めはJ・ファン・ダムを見たさに観たんだけど、ライモンディの色気にクラクラ・・・・・。

 


2007/01/21 14:08 | Comments(0) | TrackBack(0) | 好きな歌手

| HOME |
忍者ブログ[PR]